TwitterAPI有料化は可能な限り対応予定です。続報あり次第公式アカウントにて報告いたします。
2022年11月25日

【漫画】家にいたはずの4歳娘が行方不明!?漫画家が体験した子どもの行動、大人には予測不能すぎた

子どもって急にいろんなことができるようになるんですよ…
0

漫画家の松本ぽんかんさん(@m_pon_kan)が投稿した、4歳の娘さんによるまさかの行動を描いた漫画が、3万以上のいいねを獲得するほどの話題になっている。

漫画は和やかにスタート「保育園の保護者会で、娘はパパと留守番です」

「事件」が起こったのは娘さんが通う保育園の保護者会の日。松本さんは保護者会に出席するために旦那さんに娘さんを預け、ひとり保育園に向かっている。穏やかに保護者会がはじまったとき、旦那さんから「事件」を知らせる連絡が届く、という展開だ。

「娘ちゃんがいない」

「玄関あいてて」

「見えるとこにいない」

淡々と事実だけが送られてくる短いメッセージで、旦那さんがいかに切迫しているかが伝わる。

血の気が引きますよね

松本さんはすぐに旦那さんに連絡するも「見つかっていない」とのこと。しかし旦那さんとの電話の最中に、娘さんは保育士さんにだっこされて登場。なんと、娘さんは自分で家の玄関の鍵を開け、パジャマ姿のまま保育園に向かっていたのだ。一人で出かけた経験はないのに…。

「いたぁーーーーー!」と叫ぶ気持ちはわかる

「どうして」「なぜ」

と疑問は尽きないが、何よりも娘さんが無事に見つかってよかった…とホッとさせられる。

漫画を読んだTwitterユーザーからは「子どもってきっと大人が思うよりもいろんなことを考えて工夫して実行できるんですね」という子どもの予測不能な行動に驚くコメントのほか「自分も子どものころ、独りで家を出たことがある」といった体験談が多数寄せられていた。

漫画に描いた出来事について、松本さんに詳しい話を聞いた。

脳裏に浮かんだ「交通事故」の可能性

ご主人から連絡があったときのお気持ちを教えてください。

私が肝を冷やしたのはほんの数十秒でしたが、脳裏に浮かんだのは交通事故でした。

家の前が割と車通りの多い道なので、何もなくて本当に良かったです。

娘さんが描いた絵を玄関のドアに貼っていますが、親子でどのようなお話をされたのでしょうか。

「事件」のあとには玄関に娘さんが書いた絵が貼られた

娘には小さい子が一人で出歩くとどういうことになるか、懇々と説明しました。

説教はしませんでしたが、いましめにポスターを書いて壁に貼ろうと提案しました。

すると娘が「これ、玄関に貼ればいいんじゃない!?」と逆に提案してきたので、玄関のドアに貼ることになりました。それがこの写真です。

玄関の絵のほかに、対策されたことはありますか?

今回開けられた鍵の上にあるチェーンロックをかけることにしました。

ご主人にはどのようなお声がけをされましたか?

娘さんが家を出る前の旦那さんとのやりとり

主人はかわいそうなほどショックを受けていたので、何も言えませんでした(笑)。

娘さんとしては大好きなパパとのお留守番中ではあっても、保育園に行ったママのことが気になって、外に出てしまったのかもしれない。「子どもから目を離さないように」と親が思い、行動していても子どもの行動は親の予測を超えてくる。

松本さんの漫画は、子育ての難しさを体験をもって教えてくれた、といえるだろう。

記事中の画像付きツイートは許諾を得て使用しています。